村田内科クリニック

村田内科クリニック

お電話でのお問合せ
Tel.0297-83-4976

村田内科クリニック

MENU

大腸内視鏡検査

Medical

下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)

近年、食生活の欧米化により、日本人にも大腸がんが急増しています。
大腸がんの早期には症状の無い場合が多く、発見が遅れる場合が少なくありません。大腸がんについては、早期発見(大腸がんになる前のポリープのうちに切除すること)により、大腸がんによって命を落とす可能性をゼロに近づけることが可能です。
大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡を入れて大腸内を直接観察する検査です。おしりから大腸の最深部(盲腸)まで内視鏡を進め、抜きながら大腸の表面粘膜を観察します。この内視鏡の先端には、小型の高感度電子カメラが取り付けられており、さまざまな大腸の病気の発見に役立ちます。

大腸内視鏡検査でわかる疾患

大腸がん、大腸ポリープ、炎症性疾患などの病気を見つけ、診断するのに非常に有効です。

大腸内視鏡検査の流れ

検査前

まずは診察にお越しください。
現在の症状やこれまでの病歴などを伺います。(人間ドックや健診で指摘を受けた方は、検査結果一式をお持ちください)検査が決まりましたら、患者様のご都合を聞きながら検査日程を決定、検査についての詳しい説明を行います。検査前日にお召し上がりいただく、当院指定の検査食(低残渣食、便になりにくい食事)と下剤をお持ち帰りください。

検査前日

検査当日の便を減らし、下剤の効果を高めるために食事を制限する必要があります。朝食は柔らかく消化の良い物にします。昼食、夕食は検査食をお摂りください。夕食後に下剤を飲みます。水分を大目に摂り間食はお控えください。

診察時にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容がわかるもの
  • 人間ドックや健診で引っかかった方はその検査結果一式

検査当日

朝食は食べないでいらしてください。
朝の内服に関しましては事前に医師とご相談ください。

 

1.受付
予約した日時に来院ください。
2.前処置
洗浄剤(下剤)2Lをゆっくりと飲用して排泄を促します。腸の動きを良くするために身体を動かすことをお勧めします。
腸管内がきれいになりましたら検査室にお入りいただきます。にごった便が薄い黄色又は透明になりましたら検査可能です。
検査着と検査パンツに着替えます。
必要に応じて点滴を行います。
3.検査
ベッドに横になって検査をはじめます。肛門から内視鏡を挿入し大腸全体を観察します。検査中は観察の精度を高めるために、空気を送り腸管をふくらませるため腹部の張りを感じることがあります。検査中は会話が可能です。検査時間は通常20分程度で終わりますが、腸の長さや形状により個人差はあります。
4.終了後
検査後の注意事項の説明があります。
身支度を整えましたら休憩室で少し休んでいただきます。ご気分が悪いときにはお申し出ください。
5.結果の説明
診察室で画像をご覧いただきながら検査結果をご説明します。分からないことや不安がありましたらご質問ください。

 

診療案内

その他ご案内